ネズミの好む環境とは ~ねずみが住み着きやすい環境かを自己チェック~


夜、眠ろうとしたら、妙な気配が……。

どこかでかすかに音がしている……。

だれかが天井裏を走り回っている……。

人が寝静まったあとのこんな現象には、どっきりさせられますよね。これに加えて、食料に小さな歯型が残っていたり、台所の隅にフンが落ちていたり、壁の向こうからチューチューという鳴き声が聞こえたりしていませんか?

もしもこれらに当てはまったていら、それはあなたの家にねずみが住み着いているサインです。家の中がねずみの好むような環境になっていませんか?まずは以下の項目で自己チェックをしてみてください。

私もねずみにずいぶん悩まされ、アレやコレやと退治することに奔走しましたが、結局プロの業者さんにお願いして解決しました(汗)。

(1)ネズミがエサをとりやすい環境

・ペットが食べ残したペットフードを放置している。
・固形石鹸を使っており、そこにはふたがついていない。
・お菓子などの食べ物を戸棚や容器にしまわず、出しっぱなしにしている。
・生ゴミの容器にふたがついていない。 ・三角コーナーの生ゴミは翌朝に捨てるまで、そのままである。

ねずみは雑食です。人間の食べ物はもちろん、ふだん我々が口にしないような石鹸やペットフード、生ゴミなども好んで食べます。また夜行性ですので、夜間食べ物を放置すると、それがエサになってしまうので注意が必要です。

(2)ネズミが巣を作りやすい環境

・新聞紙や雑誌、ポリ袋、ティッシュペーパーなどが室内に散らかっている。
・押入れの中が整理整頓されていない。

ねずみは1年に5、6回も子どもを産みます。そのために巣を作る必要があるのですが、この材料には新聞紙や雑誌、ポリ袋、ティッシュペーパーなどを使います。めったに使わない押し入れも、ねずみに巣を作られやすい場所ですので、普段からの整理整頓を心がけてください。

(3)ネズミが侵入してきやすい環境

・エアコン、ガス管や水道管の導入部に隙間がある。
・換気扇のシャッターがきちんと閉まらない。
・壁や扉が一部壊れている。
・軒下に隙間がある。
・窓を開けっぱなしにすることが多い。

ねずみはせまいところを好み、1~2cmの隙間があれば、侵入してきてしまいます。また、電線や配管などを伝って移動することが多いと言われています。

――いかがでしたか。

チェック項目を見ていただければわかるかと思いますが、ねずみが好むのは一言で言ってしまえば不衛生な環境です。ねずみもさることながら、不衛生なこと自体が人体には害になりますので、まずそこから改善していくことをおすすめいたします。

スポンサーサイト