及ぼされる害 ~ねずみにより、どんな害をこうむるか~


ハムスターなど、ねずみはペットとして飼われている場合もあります。それが駆除の対象とされ、古来より人類がねずみに悩まされてきた理由はいったいどこにあるのでしょうか。ねずみの被害についてみてみましょう。

(1)衛生面での被害

現在の日本では、ねずみによって媒介される病気はあまり多くはありません。ただし、海外との交流が盛んになっている昨今では、ねずみによって危険な菌や病気が持ち込まれる可能性も高くなってきています。ねずみが媒介する病気は大別すると3種類のタイプがあります。

・咬まれることで感染(鼠咬症など)
・排泄物からの感染(レプトスピラ症、サルモネラ症など)
・寄生虫から感染(ペスト、ツツガムシ病、発疹熱など)

ねずみが媒介する菌やそれによって起こる病気については、こちらのページにまとめました。

(2)経済面での被害

単に木材などをかじられるというだけでなく、衛生面まで派生する間接的な被害も存在します。

・建物や家具への害

ねずみが通路や巣を作るため、建物の土台の近くに穴などを開けると、全体の強度が下がってしまう危険があります。

・食品類への害

食品の汚染は、ねずみの害の中で最も多いものです。ねずみに一部分だけかじられた場合でも、安全を考え、その食品は全て処分しなければなりません。風評被害や営業停止処分になるなど、問題はたいへん大きいものです。

(3)配線への害

ねずみはケーブルなどでもおかまいなくかじって切断してしまいます。そうなると、電話回線が乱れたり、電子機器が故障するなどの被害が起こります。かじられたことで電気ケーブルがショートして火災が起きる、ガス管をやぶられてガス漏れが起こり爆発した、といったケースもあり、ねずみによる被害はたいへん危険で深刻なものになりかねないのです。

ここで、ちょっとだけねずみの習性について補足いたしましょう。ねずみの被害のほとんどが、何かをかまれることで発生していますが、では、なぜねずみはこうも物をかまずにいられないのでしょうか。

ねずみの前歯(門歯)は上と下に一対ずつ存在します。この門歯の外側はたいへん硬いエナメル質で覆われていて、そのためにねずみは非常に優れたかじる能力を持っているのです。しかも、ねずみの前歯一生伸び続けるというのですから驚きますよね。

しかし、裏を返せば、硬い物をかじらないとねずみの前歯はどんどん伸びる一方になってしまい、エサを食べることすら困難になります。それを防ぐためには常に物をかじっていなければならないのです。

スポンサーサイト