ネズミの生態を知ろう ~種類や生態から行動パターンを読む~


マンションの高層階にネズミが現れました。さて、このネズミは何ネズミでしょう。あなたは、この質問に答えられますか?

一口にネズミと言っても、その種類はいくつかあります。ネズミの被害を食い止めるためには、敵が何者かを知り、その種類に当てはまった対策を取る必要があります。

まず、野外に棲息する物を「野ネズミ」と称します。この野ネズミには、アカネズミ、ハタネズミなどがいます。

それに対し、住宅などに出没するネズミを一括して「家ネズミ」と呼びます。この家ネズミは主に三種類いて、それぞれ「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」と呼ばれています。

ちなみに英語ではネズミ類のうち、大型のドブネズミやクマネズミなどをラット(rat)、小型のハツカネズミなどをマウス(mouse)と呼んで区別しています。それぞれの生態と特徴を紹介しましょう。

ドブネズミ

体長 186~280mm
体重 150~500g
食性 肉食寄りの雑食
生息場所 下水、台所、ゴミ捨て場、地下街、公園や駅前など繁華街の植え込みの地中など、水を充分に摂取できる湿った土地を好む習性がある。寒さに強く、泳ぎも得意。
特徴 背面は茶色がかった灰色。腹部は灰色か黄味を帯びた白色である。都市部を中心にクマネズミに置き換わって勢力を広げている。家ネズミの中ではもっとも大きく、凶暴な性質を持っている。
クマネズミと違って、高いところに登るのはあまり得意ではない。建物の下層階で生活し、上層階には少ない傾向がある。屋根裏を走り回るネズミは、たいていの場合クマネズミ。地下鉄の線路や地下街の通路でとつぜんネズミが現れたり、大型のネズミが音をたててゴミをあさっている場面を見かけたことのある人もいると思うが、それはドブネズミであることが多い。

クマネズミ

体長 150~240mm
体重 150~200g
食性 穀物を主とした雑食
生息場所 天井裏や高層階、棚の中や隙間など、乾燥した高い場所を好む。
特徴 背面は茶色、もしくは灰褐色。腹部は黄味を帯びた灰色、または白。長い尻尾と大きな耳が特徴で、これによりドブネズミとの区別ができる。英名でルーフラット(roof rat=屋根ネズミ)ともいうように、天井裏を騒々しく駆け回っているのは、このクマネズミである場合が多い。泳ぎは苦手だが、綱渡りなど高所への上り下りが非常に得意である。警戒心が強いので捕獲するのはドブネズミよりも困難。近年は樹上から都会のビル街に生息地を移している。

ハツカネズミ

体長 60~100mm
体重 10~30g
食性 穀物を主とした雑食
生息場所 倉庫や物置、船のコンテナなど。乾燥に非常に強い。
特徴 繁殖力が強く、体が小さい。わずかな隙間から家屋に侵入してくる。動作は非常に俊敏であるため、捕獲は困難。ドブネズミやクマネズミに比べると、害の少ないネズミ。夜行性で、実験用に飼育されている。

スポンサーサイト